top of page

No.274 ご恩に応えてさらなる繁栄へNIHONBASHI HOT LINE

今年は6月12日に、こちらの初代教会長 松井鶴先生の100年目のご命日をお迎えします。

その鶴先生は、この道に出会い、難病平癒の大きなおかげを頂かれてからは、日参に励むと共に、人の難儀を祈りで助けるようになられました。そして入信わずか3年にして上京され、次の1年半後には、日本橋の地で布教を開始されました。私どもはそのご縁を頂いてこそ、こんにちのおかげを受けさせていただいております。

信心を始めるのは、まず自分がおかげを受けるためでしょうが、それで終わりではありません。これをきっかけに天地の大恩を知り、そのご恩に依拠しておかげを受けつつ、さらにそのご恩に応えていくところまで進まないと末の繁盛にはつながりません。

ご恩に応える、その一番は、この信心によって難儀な人を助けつつ、お導きをさせていただくことでしょう。神様のご恩、鶴先生のご恩に応える働きを目指し、神様、みたま様と共に繁栄させていただきましょう。 畑 淳

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


top00_06.jpg
bottom of page