top of page

今月のコラム(2022年8月)

日々神様に手を合わせていても、つい先の心配をしたり、願ったことが本当に叶うのだろうか?と思うことは、誰にでもあるだろう。

神様は目には見えないから、疑う心が起きてくるのは自然かもしれない。

けれども、目に見えないものは神様だけではない。

人間同士でも、誰かに何かを頼んだ時「本当にあの人は私が言った通りにやってくれるだろうか?」と思うことがあるだろう。

相手に頼んだ事の行く末は誰にも見えないし、確認のしようがないから、つい疑いたくなることもあるのだ。

相手に任せた限りは「信頼」という名の絆を信じる、それがものを頼むときのカナメだ。

それでも人間相手だと、稀に裏切られることもあるかもしれない。

だが、神様は決して裏切らない。それは神様と人間が親子の関係だからだ。

さて時に、神様に願ったことが思い通りにならないこともある。

違う選択のほうが良い結果になる、という神様のお導きということもあるからだ。

願った以上は、自分の願い通りになることばかりに執着せず、自分にとって最善の道がつけられると信じて願うのだ。

「疑う」と神様も本腰を入れてはくださらない。

神様にお頼み申したからには、神様を信じ、自分の出来ることに精進しながら、未来を楽しみにしているほうが気持ちも楽だ。

その先に、自分にとって「最善のおかげ」が待っている。(編集子)

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
top01.jpg
bottom of page