top of page

今月のコラム(2023年1月)

「親にものを言うように、朝起きたら神にお礼を申し、その日のことが都合よくいくように願え」

と教えられている。これを日々の親との会話に例えるなら…。

【家庭にて】

  • おはよう~!布団を干してくれていたおかげで、気持ちよく眠れたよ。ありがとう!!

  • 今日も朝ごはんを作ってくれてありがとう!いただきます!!

  • これから学校(職場)に行くね。留守よろしくね!行ってきま~す!

【学校や職場のこと】

  • 今日も楽しくがんばりたいから、応援してね!!

  • Aさん体調辛そうだけど、どうしたらいいのかな?

  • 前に私助けてもらったの。今度は私が手伝うから、見守っててね。

  • もうヘトヘトで動けないよ~~。でも、何とかここまで出来た。ありがとう!

【家庭にて】

  • ただいま~。今日の夕飯何?おいしそう!いただきます!

  • お風呂気持ち良かったよ。ありがとう!

  • 今日も疲れたけど、無事に一日を過ごせて良かった。お父さん、お母さんのおかげだよ。明日もまたよろしくね。

親を頼りにしながらものを言うなら、こんな具合だろうか。親と自分とは人間同士だが、親を神様に置き換えて願えば良いと神様は仰っている。だから、神様に願う、心を向けるということは難しいことではなさそうだ。

常日頃から親子の間柄を大切にして、何事でも心安く頼りにすればするほど、親の守りは厚く確かな形として現れてくる。神様を別世界のもののようにしてしまわず、いつでも親と同じ親しみある間柄としていれば良いようだ。(編集子)


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


top00_07.jpg
bottom of page