top of page

No.224 人にも神様にも日ごろから NIHONBASHI HOTLINE

更新日:2019年2月2日

「常日ごろの信心がなければ、いざという時に間に合わない」…今年も1月3日には例年の巡拝先6ケ教会に参拝しました。ただ今年は副教会長が施設療養中だったので、朝と夕方とに分けて、昼間は教会にいるようにしました。三が日から留守番を頼んで教会を空けるのは心苦しいので、参る先を減らすかどうか、と妻に漏らしましたら、先生達にはよそで会えても、教会への行き来は少ないのだから、せめてたまには出向いて交流もしてくるべきだと却って激励されました。交流が深いだけ時には特別なお願いもしやすくなります。

また新たにお願いをしなくても向こうから先回りしてもらえることがあります。気仙沼では教会長ご夫妻が共に東日本大地震の大津波に呑まれる寸前を呑まれずに助かられました。日々のご信心で神様から急場を助けられた姿だと思います。  畑淳

閲覧数:39回0件のコメント

Comments


top00_03.jpg
bottom of page