top of page

No.273 「和賀心」作りに貢献せよNIHONBASHI HOT LINE

先月は、二つの印象深いことがありました。一つは、97歳でご健在の先生から「天地書附」についてのご見解もお聞きできたことです。

「生神金光大神 天地金乃神 一心に願」と冒頭にあるが、ここまでが表題のようなものである。次がその中身で、

一、おかげは和賀心にあり

一、今月今日で頼め

なのだと受け止めるべきである。…あらかねそう理解いたしました。すると、「和賀心」の比重も大きくなってきた感じがしました。

もう一つは、世の中では「チャットGPT」なるものが話題になっている、ということを今頃知りました。スマートフォンやパソコンで使える機能のようですが、難問を問いかけても、「チャットGPT」からは即座に回答が出てくる、というものでした。

今月の教会カレンダーには「生きても死んでも天地のお世話になることを悟れ」とあります。こういうことも、チャットGPTは答え、「和賀心」作りに貢献してほしいと思いました。

畑 淳

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page