top of page

今月のコラム(2021年8月)

生きていれば、時に、自分の力ではどうにもならないことが起きてくるものだ。

そんな時「大変だ~、どうしよう~~!」と騒ぎ立てたところで、物事が好転することはまずない。むしろ悪い方へ行きがちだ。

どんなにキツイ状態でも、騒ぐほど状況が良くなるということはない。

そんな時こそ眠たくなるような心持ちでいよう。

そのほうが余計なエネルギーを使うこともないし、周囲に心配をかけることもなく、自分の心も穏やかでいられる。

大切なのは、普段以上に神を頼み、結果の行方を考えず、神に任せ続けていくことだ。

神のおかげを受けるコツは、神を頼みつつ、やわらぎ喜ぶ心でいること、とも言われている。

「どうにもならない時」こそが信心のしどころであり、おかげのいただきどころだ。

わめき、嘆き悲しむと、神の働きが現れない。

神任せにしたら、出来ることに穏やかな心持ちで注力し、その先にある大きなおかげをいただいていこう。(編集子)

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
top00_02.jpg
bottom of page