top of page

今月のコラム(2021年11月)

信仰修行の中には、山籠もりや滝行などの荒行がある。それはそれで心身の鍛錬となることだろう。

金光教では「表行(わぎょう)よりは心行(しんぎょう)をせよ」というみ教えがある。

鍛錬の修行も良いが、日々の生活の中で起きてくるさまざまな事柄と向き合い、自分の心を磨いていけ、ということだ。

生きることはストレスの連続であり闘いでもあるが、それは自分の中で発生する。

イヤだなと思う出来事や人間関係も、ストレスと感じるか、楽しめるかは、その人の心の有り様次第でもある。

起きて来る事柄をマイナスにしか受け止められず、そんな自分がイヤになる時もある。

そんな時、ふと「山にでも籠ってみるか…滝に打たれてみるか…」などと思いがちだが、実際にはそんな時間はないのが現代人だ。

そんな時は山に行ったつもり、滝に行ったつもりで、自分の「心の中に山をこしらえて、その中で修行をしたらそれでよい」と、金光様は仰っている。

そして自分の心を神様に向けて、足りているところにはお礼を申し、足りないところは神様にお頼みをしておくのだ。

遠いところに行かなくても、日々の修行は自分の心の中ででも出来る。

そして自分の心を神様に向けて、足りているところにはお礼を申し、足りないところは神様にお頼みをしておくのだ。

神様がよいように仕向けてくださるのだから、いつか心は軽くなり、明るく楽しく喜びを感じる日々が訪れるだろう。(編集子)

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
top00_02.jpg
bottom of page