top of page

No.217 おかげのはじめ NIHONBASHI HOTLINE

更新日:2018年9月17日

暑い時は温度が高い、寒い時は温度が低い、と知覚できることは大事なことです。

しかし気温が高い時に「あっついなあー」と嘆き、気温が低い時に「寒いなあ、寒いよー」と悲鳴を上げるか。それは別の問題です。昔の私はそんなだったのですが。

今は、気温が極々高くても、「ありがとうございます。しのがせていただいております」、なかなか冷える時も、厚着はしますが、「ありがとうございます。お守りをいただいております」と言える自分がある。それがまた実にありがたいなあ、とも思います。結果、いろいろ得もします。

気温が高い、低いの認識に変わりはないのですが、嫌に思うか、受け止めていけるかでは真逆の違いがあります。真にありがたいと思う心がおかげのはじめ、と言っていただいております。今年の夏もまたありがたく迎えます。 畑 淳

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
top01.jpg
bottom of page