top of page

No.221 不自由こそ行(ぎょう)の場 NIHONBASHI HOT LINE

更新日:2018年11月4日

「悪いことを思い出して苦にするな。今日が大切である。先を楽しめ」…先月口内炎が発端で、2日程の休養をさせていただいた。口からものが食べられない、治らない。すると悲観的な事柄が次々と頭をよぎる。おかげでお水と栄養ドリンクは飲めたが、上の御教えのありがたさとむずかしさが改めて思われた。…

3日目には食べられるようになった。「回復のおかげ」「普段通りの体」とは何と偉大なことか!すると次の御教えが「病気になると、欲しい物が食べられないので困る。その時に、不自由を行(ぎょう)と思い、物を不足に思わないで、万事、神を一心に頼み、万物をありがたくいただく心を磨いていると、早くおかげが受けられる」だった。

「辛抱こそ身に徳を受ける修行」とも仰るが、このたびもまた不自由なくしては得られぬワザを行じることができた。 畑 淳

閲覧数:20回0件のコメント

Comments


top00_05.jpg
bottom of page