top of page

No.223 謹賀新年 誰かがどこかで NIHONBASHI HOT LINE

「牛は人間とは違い、寒い時でも寒さの用意もしないで、毛があるだけで、冬の寒中かぜもひかない。みな、神がお守りくださっている」…すごい、と思いませんか?

さて、平成の30年間に何が変わったでしょう?寿命が延びた。IT・AIが生活の中心に入り込んだ。スマホでお金を払う外国人が国中どこにでもいる時代になった。無人の車もそろそろ行き交うことになるでしょう。皆人間が開発した技術の恩恵に浴してるんですね。この世のものは皆人間の手の内にあるかのごとくに。

そういう現世の寒中に、動物たちは服を着ることもなく過ごせている、それはどういう「技術」?思い返してみると、人間じゃない誰かがどこかでコントロールしている「技術」というものがあるのですね。見えない誰かが、見えないどこかで。

今年もそのお世話になります。 畑淳

閲覧数:11回0件のコメント
top00_02.jpg
bottom of page