top of page

No.225 脱皮後の願い方、向かい方 NIHONBASHI HOTLINE

「生きても死んでも天地のお世話になる」…との仰せです。

新幹線で隣り合わせた人とよもやま話を始めました。すると暮に会ったばかりの59歳の同級生が1週間の患いで亡くなり今から通夜だと言うのです。「やっぱりこの世は諸行無常ですねぇ」と言うと、「そう言えば…。なるほど」と。「でも、それだけじゃまだ足りない。人間、恵まれている時は『ある』ということに気が付かないようにできている。『ある』うちにそれを喜べないと、いくら生きても満足できない」と言ったら、彼は「そう言えば親がいた間に親孝行できなかったなあ…」と。

そこで「親が死んでからも親孝行はできる」と言ったら尚驚かれました。肉体から脱皮したら、魂のままで神様のお世話になるのだと判れば、自分の願いも変わるし、こちらの向かい方も変わってきます。   畑淳

閲覧数:17回0件のコメント
top00_02.jpg
bottom of page