top of page

No.250 教主のことも神に祈ろう NIHONBASHI HOT LINE

30年間金光教教主として御用をお勤めくださいました金光平輝先生は、この度、教主をご退任なさり、新教主としてご長男の金光浩道先生がご就任くださいました。4月初めに行なわれる御本部天地金乃神大祭では併せて教主就任奉告祭が仕えられます。

前教主金光様の御働きを神様に御礼申し上げると共に、新教主様の御用御成就も個々人みなが祈念申し上げてまいりましょう。

教主様といえども、「神様のおかげを受けて、神様の御用をさせていただく」とおっしゃいます。

私ども一人一人のことや、社会・世界のことまでをも神様に御取次御祈念くださるのですから、私たちもまた、その御祈念が成就していけるよう、神様に祈らせていただくのがあるべき姿です。

神様が「子のことは親が頼み、親のことは子が頼み、天地のようなもので、あいよかけよで頼み合いをせよ」とおっしゃっています。この「頼み合い」をいずこにも。  畑淳

閲覧数:21回0件のコメント

Comments


top00_05.jpg
bottom of page