top of page

No.277 ことごとく違った先に NIHONBASHI HOT LINE

6月16日に日本橋教会の副教会長・畑和子師が90歳で永眠しました。85歳迄、一日の作業を終えると、毎晩真っ暗なお広前に出て、参拝者の方々のことを祈念しておりました。

そして最後に自身のことも、認知症、半身不随、寝たきりにならぬようにとお願いしてる、と申しておりました。ところが、自身の最期はことごとくそうなりませんでした。

5月号のこのハガキは、「裏目!でも願ったなら大丈夫」というお話でしたが、本人は脳出血で倒れ、不随の療養生活丸5年でした。

その間、息子である私の方が、この療養に関してさまざまな奇跡的お繰り合わせを頂き、またこの5年の間に「別れ」への地ならしを十分にさせていただけたのは何よりでした。

また本人も、右半身不随で毎日ペースト状の食事ばかりだったのに、いつも「大丈夫」、気分は「上々」、具合は「何の不自由もない」と答えるのも不思議な限りでした。 畑 淳

閲覧数:11回0件のコメント

Comentarios


top00_05.jpg
bottom of page